2022卒 新卒採用 社員インタビューInterview

ライバルの存在が、

私を育ててくれた!

福岡営業所 課長 N・Kさん

マネージャーManager

課長としての仕事。同期とのライバル関係。

とても気になっている後輩がいるんです。あっ、変な意味じゃなくて(笑)。私の課に配属された後輩で、実力はあるのに、なかなか結果を残せず苦労していました。

成功体験を積ませてあげたいと思い、同行を繰り返し、改善点を一緒に探しました。アドバイスしたのは、お客様から信頼を得る大切さです。
営業の仕事は、人と人とが接することで成り立ちます。契約上のメリットや費用面もお客様にとって大切な要素ですが、最後は目の前の営業マンを信用できるかどうか。日々、二人三脚で顧客開拓を進めました。本人の努力もあり、徐々に成果が出始めたんです。後輩の成長する姿を見られるのは、この上ない幸せです。

振り返れば私自身が課員だったころも、結果を残すために色々な工夫をしました。実力のある同期がいたことで、より熱量が高かったように思います。
同期は話が上手で、パフォーマンスも高い。トントン拍子に昇進していきました。対する私にそこまでの爆発力はありません。でも勝ちたい!そこで立てた作戦が、1つ1つの案件の価値を上げること。
他の先輩方が提案し契約に至らなかったお客様を重点的に回り、契約まで話を進めるんです。契約の見込みが薄いと判断された案件から仕事を頂いてくるので、会社からも高く評価をしてもらえました。ライバルの存在が私を一回りも二回りも大きく育ててくれたんです。

課長になった今、新たなライバルに出会いました。私と同じ課長たちです。所属チームには、他に4名の課長がおります。中には私と同じタイミングで課長になった先輩も。常に刺激を受けながら働ける環境に楽しさを感じています。

マネージャーManager

pagetop